自動車メーカー向け転職エージェントランキング

自動車メーカーに転職したいなら

日本の自動車産業は世界的にみてもトップクラスの規模を誇り、国内はもちろん欧米諸国、近年では途上国への輸出も盛んに行われています。求人市場も勢いのある業界と言えるでしょう。

自動車メーカーへの転職の準備として、まずはリクルートエージェントなどの転職エージェントに登録しましょう。日々変化する自動車業界の動向もしっかり把握しているので安心ですし、その上非公開求人から探せるのも魅力です。

自動車メーカーの求人に強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントの特徴にエージェントレポートがあります。リクルート系が1位!
・業界分析など、独自分析の情報が豊富にあります。また、面接ノウハウ、セミナー開催など、
 選考に向けた実践的な訓練が積めます。自動車メーカー転職への踏み込んだ情報が得られます。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・マイナビエージェントの特徴は、その情報量の多さがあります。ランキング2位はマイナビ系!
・就職情報サイト「マイナビ」、転職情報サイト「マイナビ転職」など、マイナビグループのサービスと
 横断して情報を共有しているので、いろいろな自動車メーカー求人を見ることができます。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・typeの特徴は希望先の自動車メーカーの売上状況、面接対策などの情報を入手できることです。
・また、求人の8割が独占非公開求人となっており、自分に合った最良の求人を探すことができます。
幅広いメーカーから選択できる点も便利です。自動車メーカーに転職したいアナタにはオススメ!




DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAの特徴はコンサルタントへの相談です。キャリアに関する希望、経験といったところから、
 各業界の動向、採用情報、転職市場の情報を考慮し、最適なアドバイスを行ってくれます。
・将来性を見て、現在の自分が更に良い環境で働けるような、優れた求人を見つけられます。



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・キャリコネの特徴は希望勤務地で求人を探せる点です。また職種ごとに、営業、事務、IT、と
 いったものを探せます。職種の多い自動車メーカーの求人を探すには最適のサービスです。
・さらに、細かい条件を加えた詳細検索も便利です。第二、第三のサイトとしての登録にオススメ!



自動車メーカーの求人事情は?

自動車メーカーの求人事情について見ていくと、まず知っておくべきことは、そもそも日本は自動車大国ということです。かつてはアメリカと貿易摩擦を起こすほどの勢いであり、世界的に見ても自動車の販売実績はトップクラス。品質の高さが売りであり、大衆車を提供しています。中でも大手の力は非常に大きいことで有名です。大手と言えばまず思い浮かぶのはトヨタですが、世界中で愛されており、あらゆる国に事業所を有して販売をしています。このために、大きな市場を相手にしていることに加えて、生活必需品であるために安定性は高いと言えます。一方で、業績などについて、デメリットもあります。業績については、日本国内の売上はもちろん、海外市場の影響を大きく受けるものです。例えば海外の経済状況、景気変動による影響を大きく受けます。欧米の大国が金融や経済に問題を抱えた場合、あるいは日本車が問題を起こした場合などは、一時的に売上が減少した例も過去に何度かあります。

また、自動車メーカーは海外の事業所がたくさんあるのもポイントです。先ほどの業績の話と関係がありますが、例えば実際に働く人にとっては、海外での勤務機会が多い業界になっています。世界各国に事業所があり、求人情報を見ても海外勤務の可能性についてほぼ間違いなく記載されています。特に国内でもトップクラスのメーカーでは、海外勤務の可能性は非常に高いでしょう。そうなると今度は、選考の時点で、英語力が必要になってきます。英語力については、TOEICの点数を条件とするところが多い一方で、試験では見えない英語の会話力、あるいは英語力は低くとも将来性を見込んでの採用も多いです。また、入社後の語学研修なども充実しているので、入社してからが重要といえます。

自動車メーカーの求人は、大きく分けて技術職と事務職に分けられます。技術職は理系限定のものが多く自動車の開発を行ってきます。そのために、学科による個別採用が基本となっています。専門分野ごとに職種が分かれ、学部学科による区別をしているところが多いです。一方、営業、販売、企画などは学部学科不問です。技術職については、高専卒以上で応募可能なところが一般的ですので、頭に入れておきましょう。

メーカーごとに待遇で差が出やすいのは福利厚生となっています。特に、施設や制度面でメーカーによって差が出ます。ここをポイントにして見ていくと、メーカーごとにどれが自分に合っているかを知ることができます。

自動車メーカーへの転職活動のコツは?

自動車メーカーへの転職活動について見ていくと、まず基本は、転職の場合、職種ごとに異なるということです。自動車メーカーは職種が非常に幅広いです。例えば技術職であっても、エンジン専門、社債機能専門、デザイン専門、コンピューター関連専門というようにいろいろな職種があります。その一方で、事務職もあります。経理、法務、人事といった一般企業で必須の職種です。これらの他に、一般職として企画、開発関連の仕事があります。すべて合わせると、10単位での職種があります。これらをきちんと分類して募集しているところもあれば、大きく分けて入社や研修後の適正と希望を考慮して配属先を決めるところもあります。

また、転職について気になるのは、前職との兼ね合いです。転職というからには、少なからず前職からのステップアップを考えているはずです。あるいは前職で抱えていた問題を解消するという人もいるでしょう。いずれにしても、前職よりもより良い環境を求めているということで、まずは同じ業界ならば経験を活かしてステップアップするのが一番です。ステップアップとしては、経験とスキルをいかにアピールするかがポイントです。前職で自分がどのような職種で、どのような部署に配属し、どのような業務を行い、どのような経験をもっているか、これらを選考前にしっかり整理しておきましょう。

前職の経験やスキルの整理には、転職エージェントの利用がおすすめです。専門家が客観的な視点から利用者のスキルや適性を判断し、希望する企業でどのようにアピールすればいいか、アドバイスをしてくれます。自分のスキルや経験はどうしても主観的になってしまい、客観的に見て、業界の中でどれくらいの評価が受けられるかなどは見えにくいものです。それをしてもらうだけでも、自分のこれまでの経験を見直すことができ、転職活動もスムーズに進みます。

経験やスキルについては、やはり同業でないとダメかと思っている人も多いでしょう。しかし、たとえば営業、事務職などは他業界からでも経験を活かすことができます。この場合は、前職がどのような業界でどのような職種でどのような業務を行っていたかをしっかり伝える必要があります。また、どうして業界を変えての転職を希望したかがポイントになります。これは自分で筋の通った説明ができるように準備をしておきましょう。ほかにも、同じメーカー、あるいはグループの中での移動も広い意味での転職に含めることができます。社内公募などを利用したり、人事課に相談するなどして、自分の能力が発揮できる職場を探しましょう。

TOP

自動車メーカーの転職の基礎

条件別の自動車メーカー求人

国別の自動車メーカー求人

自動車メーカーの採用情報


Copyright (C) 2014-2018 自動車メーカー向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.